Jeffrey M. Sakoi

パートナー

専門業務

ケミカル、機械および電気機械系企業への戦略的な知的財産権カウンセリング、特許の取得と行使、ライセンスおよび特許権行使管理サービスを専門としています。代替エネルギー、エネルギー流通、グリーンテクノロジー、半導体、有線および無線通信、運輸、ケミカル、医療機器産業など広範囲な産業分野に渡ってサービスを提供しています。

1982年にアイダホ大学から化学工学で学士(B.S.)(優等)を取得し、1985年にアイダホ大学から法学博士(J.D.)を取得しました。

学歴

アイダホ大学
J.D. 1985年

アイダホ大学
化学工学
BS(優等)1982

栄誉・表彰

  • The Best Lawyers in America®受賞、2007~2018年
  • Martindale-Hubbell®によるTop Rated AV Preeminent™ Intellectual Property Lawyer(最高評価の法的能力・道徳性を有する知的財産弁護士)としての評価、1998~2017年
  • Washington Super Lawyers®受賞、2004~2016年
  • IAM PATENT 1000、特許審査:ワシントン州の部で「推薦」、2017年
  • IP Stars (Managing Intellectual Property®)受賞、2013~2015年
  • Washington’s Most Amazing Attorneys®受賞、2006年

職歴

JD取得後にDow Chemical Companyの特許弁護士として勤務して以来、多数産業の特許出願準備・手続き、国内・国際的知的財産ポートフォリオの戦略的開発に関するカウンセリング提供、クライアントのIPプログラムおよびIPライセンシング戦略の開発、非侵害、無効性・特許性に関する意見書の起草など特許弁護士としての30年を超える経験があります。出向特許弁護士および社外弁護士としてアジアでの勤務・居住経験も豊富です。

登録・所属

ワシントン大学スクール・オブ・ローの教員として、特許出願準備および手続きのコースを教えています。毎年夏にCASRIP(知的財産権の先端研究・調査センター)で上級向けの特許出願準備および手続きの講義を行っています。米国特許商標庁にも登録しています。Washington State Patent Law Association(ワシントン州特許法協会)の理事会員であり、Asian Bar Association of Washingtonの元会長でもあります。

日本語プロフィールのダウンロード