Toshiko Takenaka, Ph.D.

顧問弁護士

専門業務

国内外の知的財産権問題を専門としています。特許法と商標法、訴訟、知的財産権問題のさまざまな側面でクライアントに助言を与えています。

1981年に成蹊大学(東京)より法学士(LL.B.)を取得しました。ワシントン大学スクール・オブ・ローより1990年に法学修士(LL.M.)および1992年に比較法学の博士(Ph.D.)を取得しました。

学歴

東京成蹊大学
LL.B. 1981年

ワシントン大学
比較法学
Ph.D. 1992年

ワシントン大学スクール・オブ・ロー
比較法学
LL.M. 1990年

栄誉・表彰

  • Washington Research Foundationのテクノロジー法教授
  • Annelise Merier Research Awardノミネーション

職歴

ワシントン研究財団のテクノロジー法教授(W. Hunter Simpson Professor of Technology Law)です。2003年から2015年の間、ワシントン大学スクール・オブ・ローのCASRIP(知的財産権の先端研究・調査センター)のディレクターを務めました。特許法、上級特許法、上級商標法、知的財産権行使チュートリアル、および国境を越えたIP法理論と実践について教えています。

成蹊大学(東京都)から法律の学士号を取得後、日本テキサス・インスツルメンツ(株)で特許出願手続きのスペシャリストを務め、特許出願手続きおよび管理分野で優れたキャリアを築いてきました。1986年に、日本の弁理士試験に合格し、山崎法律特許事務所の所員として働きました。

マックス・プランク知的財産法・競争法・租税法研究所(ドイツ、ミュンヘン)の客員研究員、早稲田大学(東京)の客員教授を務めました。比較特許法の分野で幅広く執筆しており、特許法に焦点を当てた学術および専門職セミナーで頻繁に講演を行っています。Journal of Intellectual Property Law and Practiceの編集委員の一人であり、日本経済産業省産業構造審議会の知的財産分科会のメンバーでもあります。

登録・所属

ニューヨーク州弁護士会員です。American Intellectual Property Law Association(アメリカ知的財産法協会)会員でもあります。

日本語プロフィールのダウンロード